腹痛

沼に出戻りしました。担当という概念は捨ててます。

「CAST」を体験してきました

いやっは〜〜!

みなさまお元気ですか!?私はメンヘラお天気のせいによる毎日頭痛でツライです!

 

 

 

KAT-TUNの新潟公演、2日目に行ってきました。

 

私は脳みそがトコロテンなのかな?ってくらい何も覚えられなくて、終わった瞬間というかもうライブ中、観た瞬間から色々なことが忘却の彼方へ…ってかんじなんですけど、せめて今ある記憶だけでも、忘れないうちに残しておこうかと思います。

 

 

記憶力がなさすぎてネタバレになるのかわかんないんですけど、一応セットリストや演出について、見たこと思ったこと記すので、そういうの見たくない!って方は読まないほうが良いかもしれません。あとレポとかではなく、普通にただの私の感想文と思ってください。誰がどうだった、何した、とかほっとんど覚えてないので…。

よろしくお願いします。

 

 

 

なんかもっと色々考えたり、思うことはあったんですけど、それはまた別の機会にでも。

 

 

 

 

 

ということで!いってみちゃおっかな!!大層なものではないので、期待しないでくださいね!!!

 

 

 

 

・NEW GENESIS

私、起承転結の「転」が苦手なんですよ。自分の予想だにしないこととか、一波乱、みたいなのが苦手で、できれば何事にも心構えしておきたいし、一波乱なんて無しにずっと幸せに上手くいってほしいんです。なのにKAT-TUN好きってウケますね。自虐です。

そんなんなので、ライブレポとか、セトリとかめっちゃ見て、ニュージェネシスから始まるんだね!?上から登場ね!?おけおけ!!って気持ちで臨んだんです、今回の公演。

でもいざ始まったらわかんないもんなんですね、不思議。「!?…えっ、どこから声が…!?……KAT-TUN!?…天空からお出ましだと!!??」って。いや、ほんとに探したんです。歌声聞こえるのに、いないんですもん、上にいるんですもん。「人間は地上から現れる」という固定概念に囚われていたんだな、と。知ってんのに裏切られるなんてね…KAT-TUNすごい…私がバカなだけかもしれないけど……。

KAT-TUNは私達とは違う世界線に住んでて、ライブのときだけこっちに来る説を信じている人間としては、驚きつつも「まぁ…そっか…そりゃ天空から現れるわな…」と結構な「やっぱり感」を感じたりしつつ。

 

音源だけでも超〜カッコいい〜〜!!!とは思ってたんですけど、これオープニングにして天空から登場なんて、もうそんなの新しい時代創られるに決まってるじゃないですか。KAT-TUNが創生してくんだわ、あ〜〜時代始まっちゃうなぁ!?って。

あともう前も言ったけど、やっぱり亀梨和也が歌う「傷ひとつないやつに 世界など動かせない」の説得力ですね。KAT-TUNなら世界を動かせるし、なんなら創生しますよね…って思わせられました。もうこのオープニング〜亀梨和也の生「傷ひとつないやつに 世界など動かせない」で1万5千円ぐらいの価値があるので、以降は完全にタダ観です。

 

 

・FIRE STORM

吹き出す炎!!!!!撒き散らされるおびただしいレーザー!!!!!!歌い踊るKAT-TUN!!!!!!!!うわ!!!完全に時代創り始めたわ!!!!!!!って確信してしまうぐらい、もはや暴力的なほど圧倒的。心の「感覚」という部分をKAT-TUNに殴られて蹴っ飛ばされた、みたいな。レーザーすごい!!!炎すごい!!!!!!

かめちゃん観たい、上田くん観たい、中丸くん観たい、全体的な演出観たい、ってなっちゃって、もう目が足りない、私が足りない。逆に、もう、どこ観ればいい?情報量が多すぎて私の目とか脳みそが全然処理できない。それぐらい華美で装飾過多な時代をKAT-TUNが創ってる、みたいな。

ダンシンダンシンオンザフロア〜って言葉通りKAT-TUNがにじり出て来る(って言葉が合ってるかどうかは知らんけど)んですけど、KAT-TUNににじり寄られるっていうのは、凄まじい体験でした。

FIRE STORMと言えば「踊るように 抱き合えば」という歌詞から、結局ダンシンは比喩で、みんなKAT-TUNに抱かれてるだけ、っていうのが私の導き出した結論だったんですけど、こんだけ踊ってて、これだけのレーザーと炎が上がってればそれはもう抱かれてるな、ってかんじでした。初っ端から凄まじい炎とレーザー歌い踊るKAT-TUNで、心を殴られて蹴っ飛ばされたけどそれも彼らなりの愛なんだな、抱きしめられてるんだな、みたいな。何が「みたいな」だよってかんじですね。

 

 

・ONE DROP〜UNLOCK〜喜びの歌

実はFIRE STORMでKAT-TUNがセンターステージから、バクステに移動しとりまして、私実はバクステどセンター4列目にいたんですね。これがどういうことかっていうと、KAT-TUNすげぇ近い。3〜4m先のちょっと高いところにKAT-TUNいるな、っていう。いやいやいや、聞いてない、こんなに近いの聞いてない訳ですよ。距離感が部屋。すぐそばに3人いるもんだから、いや、もう完全にキョドりますよね。

もう全然中丸くんの首筋の汗とか見えちゃうんですよ、上田くんのおでこの汗とか、かめちゃんの下まつげとか。ターンして亀汁ぶしゃー!ってやるとこも、亀汁ひとつひとつ見えましたからね。このときほど自分の視力の良さを有り難く思ったことはないです。

で、歌うのはワンドロじゃん、もうさ〜〜KAT-TUNさ〜〜〜〜あ〜〜いるじゃんKAT-TUNさぁ〜〜〜〜!!!!??3人でKAT-TUNやってるじゃん〜〜〜〜〜〜!!!!!!!ありがとう〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!ってなって、無性に泣けてきちゃってここらへん覚えてないんですよね。1人でエモくなっちゃって。

こんな近くにKAT-TUNいるんだから、泣いちゃったらダメだと思ってずっと堪えてたから、すんごい顔になってた気がします。堪えながらも3人の顔ばっか見てました。上田くんと中丸くんは本当にかっこよくて、やっぱり頭おにぎりでした。ああ〜〜頭おにぎり〜〜〜顔カッコいい〜〜〜顔良い〜〜〜〜〜〜!!!って思いながら見てました。頭おにぎりは、顔ちっちゃいってことです。かめちゃんはめちゃくちゃ美しくて、美!美!かめちゃん美〜〜〜〜!!!下まつげ長〜〜〜〜!!2センチはあるでしょ!?!!とか思って見てたらかめちゃんと目があった気がする。2回。オタクみんな言うやつ。友達に言ったら「合ってね〜よ!って言うとこだけど、その距離なら合ってる」って言ってくれた。優しい。

 

喜びの歌始まって、3人がセンステに戻って行ったんですけど、やっぱりこっちが喜びの歌 歌いたかったですね。あの3人がKAT-TUNやってくれてるって、こんなに嬉しいことなんですよって。

 

 

・願い

綺麗だったな、お花が似合うよ、KAT-TUN綺麗だから。

正直ほぼ覚えてない。ワンドロからのエモエモを引き摺り続けていて…引き摺りエモにこの曲が更に追い討ちかけてきましたね。「KAT-TUN〜〜〜〜!!!優しいよ〜〜〜〜!!!!やだよ〜〜〜〜好きだよ〜〜〜〜〜〜!!!!とエモくなりつつ、私はやっぱりぼんやりと「KAT-TUNの子供達への曲…」とは思ってました。きもい。ていうか何がやだよ〜ってかんじなんですけど。

 

 

・REDY FOR THIS!

「Hey そこのファインダー ちゃんと狙え」がかっこよすぎてエモタイム終了〜〜。私がカメラマンだったらちゃんと狙うので、ここまでエモエモしてたことは許してほしい。

なんかす〜〜ごいかわいかった〜〜!モニターに英詞が表示されてて、それを追いつつ、KAT-TUN追いつつ。だから私が足りんのって。クールで?チャラカッコいい系?みたいなイメージだったけどなんかすごーいかわいかった。ブンブン!

 

 

・DIRTY,SEXY,NIGHT

最初から最後までなんだけど、まあ演出が天才。下から風吹いてるとか、それぞれ小道具持ち出すとか、やっぱ天才でしょKAT-TUN。のれんからぺろんって出て来るキャメナピキャズヤのかわいさったら。

何かで「CR KAT-TUN」って言うの見かけたけど、ああこれね…って思いました。友達に連れられて覗いたことしかないけど、あのパチンコの画面にKAT-TUN入ってた。っていう映像演出。これはたしかにCR KAT-TUN!という気持ちになりました。なんかごめんKAT-TUN。ゴージャスで良かったんですよ…ほんとに…。

あとやっぱ中丸雄一に「止められないけど 優しくしてあげよう」って歌わせた人は天才。誰かはわからないけど、もっと自慢して良いと思う、「中丸雄一に 止められないけど優しくしてあげようって歌わせた人」として。背中に「自分が中丸雄一に 止められないけど優しくしてあげよう と歌わせた人です」って書いて渋谷歩けば1時間で計10万円くらいもらえると思う、その辺にいるKAT-TUNファンから。

 

 

・Ask Yourself

3人のKAT-TUNでやってく決意表明の曲、だと私は思ってるんですけど、ほんといつだってKAT-TUNは最高。そして今のKAT-TUNは最高。

しっかりダンスフォーメーションやってる感があって、当たり前なんだけど3人で歌って、踊ってて、私ここに来てよかったな、って強く思いました。

 

 

・Don't wait

綺麗だったな。

ほんとに脳みそところてんだからあんまり覚えてないんだけど、ああ〜〜KAT-TUN綺麗〜〜綺麗だよ〜〜…って思ってたことは覚えてる。モニターの映像も綺麗だった。

 

 

・Sweet Birthday〜GREATEST JOURNEY

ほんと何にも覚えてないな!ってくらい覚えてないけど、KAT-TUNめっちゃかわいかったと思ってたことだけ覚えてる。

 

・MC〜ナカマループマシン

印象深かったことだけ〜〜。

*静岡のお茶を大量に仕入れてしまった中丸くんと、市販の買わないでお茶持って来たら〜って言う家庭的なかめちゃんと、お茶を使った料理を考えて「お茶漬け」って提案する優しいうーちゃん。

*「カテキン35歳になりました」って言ってくれたおかげでちゃんと中丸くんに「おめでとう」って言えて嬉しかった〜!新潟初日でサプライズやってたからもうお誕生日モードじゃないかもなぁって思ってたからさ!良かった〜!

*身を引き締めるために「氷水用意しとこうか?」的なこと言うかめちゃん お魚みたいにね!うどんみたいにね!シメるんだね!家庭的!!

*社会に出るのが早かったから先を行ってた気がしてたけど、いつのまにか同級生が子供産だり会社立ち上げてたりして…となんかちょっと先越されたみたいな心持ちっぽいかめちゃんに「でもこうやってステージつくることができる 俺らは」的なこと言う中丸くんがやっぱ敏腕プロデューサー兼スーパーアイドルでカッコよかった

*「女の人がいなくなって男だけになったら男同士争って世界は終わるらしい」と言い出すたっちゃん。世界の始まりと終わり、女と男、生と死、上田竜也

*なんだろう、女の人いっぱいいるな〜って思ってたのかな、かわいい。

*「ぶっ殺す はだめ」って上田くんにめっちゃ言う中丸くん

*中丸くん「昔は声出さなきゃ命はねえからなってオブラートに包んでたから…」田中。〜〜〜〜!!!!( ; ; ) とは思いつつ、まぁ別そんなオブラートに包まれちゃないけど、と思う。

*結婚するならKAT-TUNのファンやめろって彼氏に言われたファンの話 かめちゃんの「男の気持ちはわかる、かと言ってこっちも簡単に渡すわけにはいかないじゃない」、もうMCなのに泣くかと思った。カッコよすぎる、亀梨和也。割とサラッと言ったところも堪らない。

*そこからの「彼氏も巻き込んでもらうしかない、好きになってもらえるように俺たちも頑張らなきゃ」と言う亀梨和也もめちゃくちゃめちゃくちゃカッコよかった…最高…KAT-TUN…。

*付き合いたいって言う女の子多いけど「俺大変だよ!?生乾き臭い亀梨和也ではいられないから洗い直しとかしなきゃいけないし…」うーちゃん「お前らKAT-TUN亀梨和也を背負える自信あんの?」……………………いやぁ、KAT-TUN亀梨和也、ファンとしては担ぎ上げていきたい次第です!上田竜也と中丸雄一もね!ファンとしてね!!!!担ぐよ!!!!!!!!

KAT-TUNファンの彼氏の気持ちがわかるKAT-TUN、のとき中丸くんの「ジャニーズ入る前、友達の家に行った時、部屋にジュニアのポスター貼ってあったの見た時、うーんって思ったわ〜」的ななんかぼかしたいけど素直に言ってしまう、みたいなかんじ、まじで堪らんな〜〜好きだな〜〜結婚してくれ〜〜!と思った。

 

 

*ナカマループ、ほんと中丸くんがかっこよくて大好き

*「1番恥ずかしいモノマネで出てきて〜」でインリンオブジョイトイカズヤ、ケツだけ星人タツヤ。

*M字開脚やったくせに恥じるカズヤもかわいいし、恥ずかしいモノマネって考えて「ケツだけ星人!」って思ったタツヤもかわいいが過ぎる。愛しい。

*亀「ちゃんとお尻出さないと!」上(ベルトかちゃかちゃするも中丸くん気付かない)「…俺が脱ごうとしてんだから止めろよ!」中「…ぶっ殺すぞ!」上「それ俺のセリフだ!」(^ν^)KAT-TUNが楽しそうで何より楽しい(^ν^)

*そのぶっ殺すぞに対して「生きろ」って言うかめちゃんがめちゃくちゃ「かめちゃん!」ってかんじで愛しい

*「シシガミ様〜!」って言いながらトナカイのツノもうつけないかと思ってたからつけてくれて嬉しい〜〜!かわいい〜〜!!!!オカリナを吹くかめちゃんの最初のピーピーピーはもののけ姫じゃなくて「カントリーロード♪」の音程だった気がする

*バスセンターのカレー食べてから来た私、C&R「バスセンターのカレー!」にテンションがぶち上がる

 

なかまるーぷほんとに3人とも楽しそうで愛しかった〜〜!!!!

 

あとどこでだったかさっぱり思い出せないんだけど宇宙Sixの方がかめちゃんのアドレスを手に入れて「狙われてんの!?俺1200%女の人が好きだよ…?」って言うかめちゃんがめちゃくちゃ好きだな、と思いました。1200%女が好き……。

で、龍組やってるから「上田組長」で「WEB読んでんの!?きも!」って言った後すぐ「今度お前に向けて書いてやるよ」って言ったたっちゃんほんとめちゃくちゃかわいくて大好きだな、と思いましたね……。

 

 

・vivid LOVE

なんか すぅっ…と始まる。

アルバム音源だけで聞いてた時は全然よくわからなかったんだけど、桜がピンクで、海がブルーで、紫陽花がムラサキで、メンバーカラーになってる説とか聞いて ハーーーン!なるほどね!!と理解を深めました。座って歌うKAT-TUN綺麗かわいい。メンバーカラーでパート分けて、さわやか風の死ぬほど重い曲歌ってるの良かった。

 

 

UNIVERSE

宇宙Sixの曲。すごいかっこいい曲でした〜〜!

本当にKAT-TUN以外のグループのこと全然わからなくて申し訳ないんだけど、最近 まつもとくん、めぐろくん、という人がいることは覚えました!KAT-TUNのこと好きな人、好き!顔がまだ覚えられない…本当に…脳みそところてんだと困ること多い…。ところで脳みそって脂肪質で結構脂っこいらしいですよ。突然なんか謎の話始めてしまった。なんかたぶんハンニバルとかで得た知識だと思う。私グロいのが好きとかじゃなくて、レクター博士が好きなだけです。

 

 

・Marionation

マリオネイショーン…人?マネキン?ぶら下がってるし?人間椅子に腰掛けて出てくる中丸雄一、もう「ヤバい」以外の言葉がない。みんなが言う意味がわかった。

中丸くんはさ、踊らされてあげてるほうじゃなかったの…?…完全にこの世の支配者じゃんか…踊らせてる、操ってるのは中丸雄一のほうだったのか…。

彼氏にライブの感想聞かれて中丸くんのソロについてざっと説明したら「カッコ良すぎてヤバいじゃなかったんだね…ヤバいんだね…」と言われて「そうそうそう!」となってしまった。カッコいいのはもちろん大前提なんだけど、ヤバかった。

中丸くん、ほんと良い意味でめちゃくちゃ変態だと思う、こんな世界作り出すんだもん。作詞家さんと半々で作詞して、色々ぼかしたのかもしれないけど…だめだよ…完全にヤバいのバレてるよ…。

 

 

・World's End.

大蛇をぶった切って現れる、世界を終わらせる者 上田竜也

曲はほんとオラオラのイケイケで頭ブンブン!みたいなかんじなのに、悲しさを感じてしまったのは何故だったんだろう。

カウントダウンが始まって「終わらせないで…!」ってすごく悲しかった。世界の終わりと共に上田くんもいなくなってしまう予感がする、みたいなそんな気持ち。

世界が終わるって、全部終わるって、上田くんもいなくなることなのかな。だからあんなに悲しかったのかな、と思う。

 

 

・One way love

真っ暗な、何もなくなった世界でひとりぼっちの亀梨くんが踊る姿、綺麗だった。

朱鷺メッセだけ?なのかはわからないけど、壁にも亀梨くんのシルエットが映って、メインスクリーンに映る大きな亀梨くんのシルエットの中に亀梨くんがいて、センターで亀梨くんが踊ってて、なんかものすごい映像体験?もう何体験と言うのかわからないけど、とにかくすごく新しい感覚だった。

いや、本当に私が足りない。亀梨くんの表現したいこと、全部受け止めたかった。目玉が2つしか無いことが憎い。

 

 

3人のソロは時系列順みたいだなぁ〜って思いました。

中丸くんの支配した世界を、上田くんが上田くんと共に終わらせて、何もなくなった世界でひとりぼっちの亀梨くん、みたいな。私はそんな風に受け取ったから、全然バラバラのソロなのにすんなり、流れるようだなぁって思いました。

 

 

・カトゥネット高丸

ぶっちゃけもう3人のソロの余韻がすごすぎてほとんど覚えてない、けど高丸社長かわいいし、全力の北亀専務大好きだし、ヤンキーかわいい、ってことは覚えてる。サラッと使える皿、買ったは良いが勿体なさすぎて使えない。何ならまだ開けられてすらいない。開けられる気がしない。全然サラッと使えない。私が富豪で100個ぐらい買えたなら、ひとつ開けて醤油入れてお寿司食べたい。

 

 

・Real Face #2

この3人が今もKAT-TUNで、6人で歌ってた歌を3人のものにして、今また歌ってくれることが本当に嬉しかった。

あのReal Faceをさ、#2にして、3人のKAT-TUNのものにしたKAT-TUN、本当にかっこいいからもう何でも良いじゃん。こんなにカッコいいことする、カッコいい人達いる?本当にKAT-TUNを好きなって良かった〜〜!!!!って気持ちでいっぱい。

 

 

・ツイテオイデ

Real Face #2から、ツイテオイデって?ついていくしか無いじゃんか〜〜!

さっきまではちゃめちゃカッコよかったのに、めっちゃかわいくなっちゃうKAT-TUNほんとずるい。

中丸ウインク!ギリギリちょっとだけ見たけど、ほぼ見てないみたいなかんじだったから え!?もう一回!!ってめっちゃ思った。

 

 

・BIRTH〜Love yourself ~君が嫌いな君が好き~ 〜DON'T U EVER STOP

あ〜〜KAT-TUN好きだな〜〜バースも、ラブユアも、ドンチューも、全部好きだわ、いつのKAT-TUNも大好きだな〜〜って思ってて全然何にも覚えてない。脳みそところてん。

 

 

・KISS KISS KISS〜Will Be All Right

キスキスキスも大好き〜〜!!!そしてまた近くに来たんだKAT-TUNが〜〜〜〜!!!!近い!!!!!!!聞いてないよ〜〜こんな近いの〜〜!!!!!!!!!!と、またキョドってしまい記憶が吹き飛んでる。

ウィルビーのクラップ頑張った〜〜なんか拍難しかった〜〜!でも自分らのクラップで歌い出してくれるのってすごーく嬉しいことなんだなあ〜と思いました。

 

 

・アイノオカゲ

あ〜〜やだ〜〜KAT-TUNめちゃくちゃ〜〜かわいい〜〜!!!!!!めちゃくちゃ嬉しいときに やだ〜!って言っちゃうのってなんなんだろう。

色んな景色を見せて欲しい!夢咲く場所へ連れて行ってくれ!KAT-TUN

KAT-TUNのこと知らない人なんて、こんな長い記事をここまで読むことまずないと思うんですけど、KAT-TUNのこと知らない人ぜひこのアイノオカゲを歌うKAT-TUNをみてほしい〜〜!!!KAT-TUNってこんな甘々のラブレターみたいな曲をファンに歌ってくれるんだよ〜!って!あんなにカッコいいKAT-TUNがよ!?ちょーーーー嬉しいじゃーーーん!

 

 

・薫

上田くんの歌が音源と違ってほぼ甘々で歌うって聞いてたけど、このときは結構音源に近いかんじでした!巻き舌!音源と違う歌い方でもそれはそれでレア!ってなるし、音源に近くてもそれはそれで良い!上田竜也が歌ってればオールオッケーです!!

中丸くんと上田くんのときがどうだったか全然思い出せないんだけど、かめちゃんのときはメインのスクリーンが宇宙で、あ〜やっぱKAT-TUNこの世界にいるものじゃないんだな、という気持ち。なんかすごい納得感だった。あとやっぱかめちゃんが歌う「サプラァ〜イズ☆流れ星は〜」は本当に最高。スーパーアイドルカズヤカメナシ。勝手に歌詞の中に☆つけたくなっちゃう。

 

 

・Unstoppable

すごかった。もう完全に圧倒されてしまった。本当に私があと4人必要。凄まじい量のレーザーで会場が包まれて、その向こうにKAT-TUNがいて、私はKAT-TUNのライブを観に来た、と言うより体験してるんだな、と思った。

エンターテイメントだ、これ、と。

なんかもう値段つけるのも馬鹿馬鹿しい。これまでライブ行ったことなかった人間が言うのもなんですけど、KAT-TUNのライブ体験せずに死ぬのはもったいない。つまり私はもういつ死んでも悔いないかな。本当にKAT-TUNに会いに来て良かった。

 

天空に帰って行くKAT-TUNを眺めながら、行かないで…と思いつつ、まぁ…やっぱKAT-TUNて違う世界線に住んでるんだね…やっぱりね…という気持ちが混在してた。

 

 

アンコール!

・Peacefuldays〜ノーマター・マター〜FUNtastic

茶髪のかめちゃんてただでさえかわいいし美なのに襟足ちょこんて結んでて、ちょーーーーかわいい!

ロッコでスタンド前まで行って、ずーっとスタンドのほう向いてたから3人の襟足めっちゃ見てた。KAT-TUNすごいな、襟足までめちゃくちゃかわいいな〜〜!って思ってた。ほんとKAT-TUNの襟足かわいい。

ピスフルのK!A!T!T!U!N!もノーマタも、一緒に歌えるの楽しい〜〜!

 

 

最後の挨拶で上田くんが「たのしんでくれた?(歓声を聞いて)安心して東京に帰れます!」的なこと言ってて、はぁ〜〜〜〜〜〜!!!????!?かわいすぎか〜〜〜〜〜〜!!!!!?!!?!ってなっちゃった。

 

 

 

いや〜〜ほんとに楽しかった〜〜KAT-TUNてやっぱ最高だな〜!

私のCASTは今回これだけで、もっともっと3人の表現したかったこと全部受け取ってみたかったな〜〜!何回でも行きたい気持ちがよくよくよーーーくわかりました!

 

CASTツアーも後半戦!参加される皆さま!色々お気をつけて!たくさん楽しんできてください!

それではまた〜〜!